壊れた赤のハラペコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS なんとなく大洗町へ 〜ガルパンの聖地、寿し割烹 かま家 さんで、どぶ汁です♪〜

<<   作成日時 : 2017/04/16 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ガルパンの聖地である大洗町へ、遊びに行って来た過去日記ですね♪

           ・・・・ちなみに、これは 3/17(金)の過去日記でした。

この日は大洗町に宿泊ですけど、夕飯は旅館で食べられなかったので
別の店で予約することに・・・・「いそや」の鮟鱇鍋、食べたかったな orz

けど、その代わりに、食べたかった別の店の鮟鱇鍋を食べられました!


予約が出来たのは、「寿し割烹 かま家」さんですよ♪

画像


            壊赤が大好きな、エリカさんが看板娘の割烹の店。


過去に何度か、ランチでは来店してますが、未だに夜の営業は未経験。


座敷に上がるのだって、初めてなので、かなり感動です!

画像


           おや? 玄関先に大量の胡蝶蘭が飾られてますよ?


どうやら、つい先日の 3/6が、エリカさんの誕生日だった為・・・・此方に
大勢のガルパンおじさんが駆け付けたそうな! 大人気で嬉しい限りね。


去年は確か、壊赤が覚えてる限りだと・・・・これほどじゃなかった。

画像


             誕生日の設定公開の後、間も無かったからかな。


女将さんが、「今年はバースデーカードまで作っちゃったのよ」と笑顔で
仰っていました。お店の方が看板娘を愛されているのが大洗の良さね。


さて、肝心の食事ですが、今回は鮟鱇鍋ではなくって、

画像


              かま家の特製、「どぶ汁」を予約してみました!


一階の座敷に案内されると、そこには既に、鍋と道具が準備万端です。


うおお・・・・プロパンガスが、座敷に置かれて直結かあ。

画像


        なんか、ちょっと怖いけど・・・・まあ、大丈夫。気にしない。


さて・・・・女将さんの話に依れば、「あんこう鍋」の元々は漁師さん達が
沖で獲れる鮟鱇を鍋で煮た料理だそうで、それが今で言う「どぶ汁」で。

海の上では貴重な水を使わずに調理すべく、鮟鱇の肝を味噌で炒めて
少量の酒・野菜の水分だけで作るのが最大の特徴だけど、この料理を
名物にする計画の段階になって、その最大の特徴が、逆に仇になった。

          ・・・・要は、手間が掛かって面倒で・・・・味が今ひとつ。


味が悪いってワケじゃないけど、どうも、絶品って味ではなかったそうな。
        (鮟鱇って魚は、出汁としては弱いのかも知れませんね)


そこで、茨城の名物とする「あんこう鍋」は、鮟鱇が具財にはなるけども
肝を炒めるなどの手間を減らして、出汁で煮込み、色んな味付けをする
お店のアレンジが効き易い、「それっぽい料理」になってしまったそうな。

まあ、確かに・・・・美味しいダシ汁で煮込んだ上に、味噌や醤油などで
味付けして、更に、アンキモとか入れれば・・・・美味しくないワケない!


だけど、それじゃあ、昔からの本当の味である、

画像


           「どぶ汁」を味わった事にはならない! というワケで。


最近では結構、多くの店が「あんこう鍋」とは別に「どぶ汁」の用意まで
するようになったとか・・・・原点回帰ですねって言ったら笑ってましたよ。


ちなみに、かま家さんの「どぶ汁」は、あんこう鍋に比べて 500円増しと
ちょっと高めに設定されています。(あんこう鍋=一人前 3000円でした)

ですが、これが結構、良心的な価格でしてね。大抵の店の「どぶ汁」が
あんこう鍋よりは手間が掛かる故か遥か高額で設定されているわけで。


一人前で注文可能な「あんこう鍋」と違って、一応は予約が必要な上に
二人前からの注文ってのが難点ですが、かなり、これはユルめの制約。

   「どぶ汁」が食べたければ、是非、かま家で!・・・・じゃないかな。


そういうわけだから、お鍋の他に用意されてるのは、

画像


     味噌+お酒+醤油のみ!・・・・マジで鍋に出汁が張ってない。


ちょいと、お鍋の蓋を開けて、感動しました。汁の無い鍋は久々ですわ。


そして、着席後に女将さんが持って来てくれたのは、

画像


        鮟鱇の肝です・・・・擂り鉢の中に入ってまして、綺麗な色。


そして、女将さんは、「これ、シッカリと擂っておいてね♪」と言い残して
一旦、下がります・・・・あ、これは壊赤達が自分で擂るのね。セルフだ。

                いいじゃないですか、こういう、体験型って!


ここで体力担当の、盟友ゆずきちの出番です。壊赤は見てるだけ。

画像


         へえ・・・・確かに、脂の塊なんですね・・・・とろとろだわ。


そして、数分の格闘の末、こんな感じになりました!

画像


        女将さんが、「じゃ、ここからは全部、任せてね♪」との事。


調理の過程を全て見せてくれて、説明もして貰えます。ライブ感、満載。

これは正に、「どぶ汁」冥利に尽きるなあって思っていたら、さにあらず。


女将さん 「あら、ウチは、あんこう鍋だって、肝煎りして出してるわよ?」

        ・・・・え、マジですか・・・・それって、結構な手間ですよね。


今回の「どぶ汁」の様に、僅かな水分量で煮るのではなくて、ダシ汁が
ちゃんと使われるには違いありませんが、でも、肝を味噌炒りする点は
変わらないそうです。そうでないと、美味しくならないから・・・・だそうで。

    うーむ・・・・是非、次回は普通の「あんこう鍋」が食べてみたい!


しかし、今回は、元祖の「どぶ汁」に集中するとしましょうね♪

画像


         出て来た具財は・・・・一般的な鍋物っぽい感じですな?


どうやら、かま家さんでは、「どぶ汁」と「あんこう鍋」で使われる具財は
基本的には一緒だそうです。まぁ、時期とかタイミングの違い程度かな。

               二人前の分量としては、充分だと思いますよ。


予約の時点で女将さんには、「二人で食べるんですが追加の注文とか
当日に出来ますかね?」って聞いたんですわ。物足りない時の為にね。

そしたら、その際の返答ですが・・・・「〆に雑炊が出来ますので、多分
おなか一杯になると思いますよ? あ、勿論、追加注文は可能ですが」

      その言葉に偽りありません。追加しないでおいて良かった♪


さて! 鍋を火に掛けたら、こっから先はスピード勝負で!

画像


          まずは、擂り鉢の肝が鍋に掛けられた! 脂炒めです。


そして、ちょっと脂の香りが立ったところで、味噌の投入!

画像


          ホント、焦げないところ、ギリギリで掻き混ぜてますわ。


女将さんが自分で全て執り行うのは当然の事。下手に素人がやったら
鍋が焦げちゃいますもの。この時点での香りが、まあ、かなり良いのよ。


そして、ここで、具財の投入! 鮟鱇の身は勿論ですが、

画像


                    その他、銀杏切りの大根が入ります。


これは固い根菜類だからって理由だけじゃなくて、水気を出す為だね?
その他の具財・・・・豆腐と葱、白菜、エノキなんかは、まだまだ後です。


そして、まるで炒めるように・・・・実際、炒めてる感じですが、

画像


    具財に、肝+味噌を絡めます・・・・多分、焦がさない為だよなあ。


充分に肝味噌が絡んだら、お酒の投入! 僅かですが水気が加わって
ちょっと安心ですな。いや、これまでが本当、炒め物みたいな感じなの。


そして、かなり、ざっくりと・・・・お醤油で味付けです!

画像


     分量は、たーって感じ。ホント、ひと回し以下だったと思います。


へえ・・・・マジで味付けは味噌+醤油だけか・・・・ダシ汁の入ってない
直接の煮物です。言ってみれば肝の味が、ほぼ、メインって事だしね?


さて・・・・お鍋の蓋をしたら、女将さんは、これにて撤収!

画像


   湯気が上がったら、そこで、身は食べ頃なんだそうです。早っ!?


まず、他の野菜や豆腐などを入れる前に、味が濃い状態で身を食べて
(当然、全部、食べない)その後で各種の具財を投入して欲しいとの事。

他の具財は火が通り易い物ばかりなので、頃合を見て食べれば ◎ね。

但し、最後に雑炊を作る為には水分が必要です! あまり汁は取らずに
出来るだけ除けて、味見(?)程度で留めておいた方が無難だそうな?


さて、蒸気が吹いたところで、蓋を取って見れば、

画像


      オレンジ色に染まった、これが、「どぶ汁」の完成形ですぞ♪


お鍋の壁面は、肝+味噌の焦げた後が残っていまして芳ばしい香りが
立ち上ります。ふむ、こんな「焦げ跡」が残ってたら肝煎りした証拠だね。


かなり弱火にしていますので、出汁が煮えちゃう事はないけど、

画像


        やっぱ、少ない・・・・ホント、これじゃ飲むのは厳しいなあ。


だけど、少しくらいは、この出汁だって味わっておきたい。取り敢えずは
ちょっぴりだけ飲んでみようという事になりました。折角の「どぶ汁」だし。


ちょっとだけ、まだ、大根は硬い気がしましたが、まあ、大丈夫。

画像


      まずは、お味見ですわ・・・・それでは、いっただっきまーす♪


モグモグ・・・・ほへえ・・・・肝+味噌に、僅かな醤油で、

画像


       こんな味になりますか・・・・正に、これ、肝の脂の味ですわ。


生臭い感じはしませんけど、ホント、濃いめの脂の味です。味噌の味が
あまり主体とは言えないのに・・・・これは確かに、他だと味わえないね。

       ○○に近い味・・・・みたいな表現が、全然、見当たらない!


ただ・・・・敢えて言えば、美味しいけど、普通に濃い目の味噌味だとか
お店が調整したダシ汁とかの方が、一般的な美味しさには近いかもね。

   なんというか・・・・特徴的な味ではあるけど、究極的な味じゃない。


お味見には満足しましたので、それでは、各種の具財投入!

画像


         ちょっと中火に戻して・・・・グツグツと煮込んであげます。


白菜や豆腐が入れば、かなり水気が増すので安心感が↑up♪ これで
ちょっとの間、休憩です。ちなみに、何か他の食事とか、頼もうか?って
盟友ゆずきちと相談しますが、御飯が結構あるので、止めようって事に。

     既に雑炊用の白米は、おひつに入ってますが・・・・結構、多め。


今思えば、この「どぶ汁」を、オカズに・・・・ちょっとは食べれば良かった。

ぶっちゃけ、用意されてる御飯が多いのです。先に減らすのが、お奨め。


そして、それなりに煮えたところで、再び食事に戻ります!

画像


     嗚呼・・・・やっぱ、こういう色んな具財が入った方が壊赤好み!


確かに最初の、本来の「どぶ汁」の状態も、特徴的な味で美味しいよ?

ですが、豆腐や白菜、茸など、恐らくは船の上には持って行けなかった
各種具財が混ざって織り成す味の方が複雑で、それで尚、慣れた味!

個人的には、野菜と豆腐が更に欲しい。三人前の注文で良かったなあ。

              ・・・・あ、だけど、御飯は少なめで良いですよ?


さて・・・・ほぼ、食べ終わって、それなりに満足な壊赤達ですが、

画像


      極力、ダシは取らなかったのに・・・・ほぼ、残っていない orz


いや、正確には残っているけど、雑炊にするには決定的に足りないぞ!

って言うかさ。元々、少な過ぎなんだよね・・・・女将さんが、少ない量で
雑炊は作っちゃ駄目って言ってましたし・・・・仕方ない。呼ぶとしますか。


あ、ちなみに、「あんこう鍋」とは違い、「どぶ汁」はダシ汁が少ないので
普通ならば雑炊は作らないそうな。それは以前、聞いた事がありました。

               ですが、かま家さんでは、むしろ雑炊は推奨!


ダシ汁が足りない場合は、特製の割下で水増しするので、問題ナシね。


というわけで、割下でダシは伸ばして貰いましたが、これって、

画像


        この時点で・・・・あんこう鍋の雑炊と変わらない気がする。


いや、具財が煮込まれて無い汁で食べるワケで・・・・劣化あんこう鍋?

うーむ・・・・下手に全ての御飯で雑炊したいが為に、増水する位ならば
先に白米は食べてしまえば良かった・・・・そして、僅かな米で、雑炊は
作れば良かったなあ・・・・ちょっと反省。まあ、これは次回の糧にしよう。


そして、出来上がった雑炊が、これです・・・・良い感じね♪

画像


       ちゃんと生卵は二つ用意されてたので、両方を使用します。


用意された割下で煮込んだだけの雑炊なので、イマイチなんだろうなと
思いつつ食べてみますが・・・・あれ!? かなり、肝の味が強い。美味。


これって、割下そのものが、かなり美味しいのかな!?

画像


   オレンジの色合いが眩しい、見事な雑炊・・・・これ、かなり美味い。


御飯、先に食べてしまうと良かったとか言いましたが、ちょっと反省ね!

確かに、「どぶ汁」の汁だけで作った雑炊は、食べてみたかったですが
これはこれで充分に美味しい!決めた。次回は、また、ここで食べよう。

       いや・・・・先に、あんこう鍋は食べておかないと駄目かな?


というわけで、ごちそうさまでした♪ いやあ・・・・どぶ汁、美味しいです。

これで 3500円×2人前= 7000円。消費税まで入れて 7560円は安い。
壊赤的には、女将さんの調理風景が間近で見られたのが一番でした!


加えて、エリカ誕のバースデーカード+缶バッチが貰えて、

画像


   いやあ・・・・宿泊先で、あんこう鍋が食べられないのも、悪か無い。


大満足の壊赤&ゆずきちは温まった体のまま、少し夜風に吹かれつつ
暗い町中の散策です。オナカも一杯ですし、このまま旅館へ戻ったって
問題ないのですが・・・・あまりに満足して、まだまだ行動したい気分ね。

 それなら・・・・ココス大洗店に向かって、食後のデザートにしますか♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんとなく大洗町へ 〜ガルパンの聖地、寿し割烹 かま家 さんで、どぶ汁です♪〜 壊れた赤のハラペコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる