壊れた赤のハラペコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS なんとなく今治へ 〜黄金町 純喫茶 不二家 にて、ホットケーキ&アイスコーヒー〜

<<   作成日時 : 2017/07/22 06:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かなり前の日記になりますが 6月は例年通り、松山旅行の時期です♪

   無論、目的は大街道三周年献血。ちなみに、この日は 6/16(金)。

夜行バスで今治に到着した壊赤は、早朝より徹底した、ウォーキング!

喫茶店にて朝食&昼食を食べつつ、街中散策を楽しんだ後は、松山に
向かう前に最後の喫茶店で、オヤツの時間ね。やって来たのは今治の
純喫茶として超有名な「不二家」さん。目的は勿論、ホットケーキです!


ちなみに壊赤は、「純喫茶 不二家」さんに来るのは、初めて。

画像


         噂だけは聞いていましたが、場所すら知りませんでした。


実は壊赤、ここには、いずれ来れば良いかな?程度に思ってたんです。

ホットケーキが滅茶苦茶、大好物ってワケではありませんし、いずれの
機会で充分かな?ってね。だけど同様に、「いずれの機会に」だなんて
思っている内に閉店してしまった「10円寿し」の件が思い出されますぞ。

              ・・・・駄目だ、やっぱ、早い内に訪問すべきだ!


今治には何度か訪れて、そろそろ慣れた頃合ですし、

画像


          今こそ、ここが来るべきタイミング!と思い立った次第。


ちなみに、壊赤の好みのホットケーキは「フルーツパーラー万惣」さん!
既に今は無き、神田の名店です。本当に、惜しい店が無くなったよ orz

あの、かりっと香ばしい焼加減&シッカリした味付けは、忘れ難いです。

敢えて他店のホットケーキを食べたいって思えないのも、「万惣」さんが
大好きで、その味が忘れられないからかな。なんて、思えちゃう程です。

昨晩に食べた京都の 「Smart Coffee」の味だって、好みからは大外れ。

            ・・・・不二家さんの味は、果たして、どうでしょうね。


さて、「不二家」さんは、かなり昔から営業してるだけあって、

画像


         店頭には懐かしい、サンプルが並んだ、ショーケースが。


なんか、これが見れただけで嬉しいってのは、どうかな?と思いますが
ここは老舗だけあってか、かなり独特&特異な雰囲気が醸し出されて。

        なんか、一言で、喫茶店とは・・・・言い表し辛い雰囲気?


ショーケースの脇にある、ちょっとしたスペースを覗き込んだら、

画像


     そこは、ソファーが置かれた、ちょっと洒落た空間がありまして。


「商談・打ち合わせで、ご自由に使ってね」みたいな事が書かれており
マジか!って衝撃に襲われました。こんな場所、普通に提供するのか。

   え、なにそれ、怖い! 今治ってば、そんな大らかな土地柄なの?


正直、この場で、ホットケーキが食べたい気がしないではなかったけど
やはり店内が見てみたいので、そのまま入店。しかし、それが大正解。

        店内は・・・・うん、それはそれは、魅力的な造りでした♪


これって、何て言ったら良いんでしょうかね? 取り敢えず、雑多?

画像


        色んな装飾品が、色んな場所に、ひたすら色々置かれて。


統一感が、あるような無いような? 他では決して見れない独特の色合。

「和」と「洋」、どっちとも言い難い雰囲気を醸し出してるのは確実ですが
エスニックとかアジアンテイストとか、そういう雰囲気とは、また違って!


ただ、基本的なコンセプト(?)として、流木らしき物が各所にあしらって
不可思議なウッドテイストが滲み出ています。表現し難い、草花樹木!

                一体、何で、こんな内装になったんだろうね。


お母さんに聞いてみました所・・・・こちらの喫茶店は、元々は、

画像


      喫茶店として営業すると同時に、色んな商売で営業していて。


その商売は、和菓子屋だったり食事処だったり、或いは寿司屋だったり
千変万化に富んでいたそうです。最終的に喫茶店に落ち着いた頃には、
各種の装飾が頑張り過ぎで、こんな形になったんだと笑っていましたよ。


入口から入ってスグの右手側に、なんか、変わった雰囲気の、

画像


       カウンターがあると思ってましたが、これが寿司屋の名残り。


そう! これ、お寿司のカウンター席なんですよね。それが再利用されて
今は、厨房のパーテーション&お会計カウンターを兼ねているのですわ。

   過去の装飾は、出来るだけ残して、再利用してるんだそうですよ?


喫茶店での営業は、お母さんが希望していた事だそうで、

画像


    二階で喫茶店、一階で食事処ってのが、当時の理想だったとか。


当時、大阪に「階上喫茶」なる店があって、それに感銘を受けて自分の
店でだって「二階建てなら、出来る筈」と 2階で喫茶を始めたんそうな!


旦那さんが、今で言う「DIY」が得意だった事もあってか、

画像


      ひたすらに店舗を、改装・改修して、装飾だって自前だそうで。


店内に異様に多い流木は、その当時、海岸に打ち上げられていた物を
集めて、乾燥させて、獣脂を塗って、装飾に耐えうるようにしたそうです。


そう言えば、店内には流木の他に、貝殻とか船の碇みたいな装飾品が
並んでおります。そっか、ここは老舗の「港前喫茶」でもあるわけだね!


既に現在は、二回での営業は行っていないそうで、

画像


         階上喫茶の雰囲気は楽しめませんが、まあ、仕方ない。


現在は、お店入口の右手側より二階へ上がる、閉ざされた階段だけが
当時の雰囲気を物語ります。まあ、これが見れただけで、めっけもんか。


さて、壊赤はエアコンの涼風が当たる、明るい窓際に座って、

画像


    メニューの確認ですが・・・・ふむ、目的のホットケーキは 500円。


小倉ホットケーキが 550円ってのは惹かれますが、まあ、ここは無難に
普通のホットケーキにしておきます。過ぎたるは及ばざるが如しですわ。

むしろ、「モーニングセット」が飲物+300円で食べられた事に吃驚です。

不二家さんは開店が AM 10:00以降だから、大体 AM 11:30頃までの
特別メニューなんだそうですね。機会があれば、これは食べてみたい!

      ホットケーキより、壊赤的には、モーニングに興味アリでした。


飲物は・・・・ここは流石に、アイス珈琲にしておきますかね。

画像


           壊赤の悪癖だって、常に出るワケではありませんよ。


だけど珈琲よりはアイス珈琲の方が高いのに、紅茶よりはアイスティが
安いんですね? 不思議だけど、ま、いっか。さて、あとは待つだけです。


ちなみに、お母さんが作ってるのを見せて貰いましたけど、銅版の上に
セルクルを乗せて、そこに種を流し込む手法なんですね?しかしながら
その割には、あまり厚焼きにはしないみたい。比較的、タネは少ない?


そうして、数分後・・・・出来上がったのが、こちら!

画像


      良い感じの丸型ケーキ(×2)と、トレーに載ったアイス珈琲♪


セルクルが使われてるだけあってか、綺麗な色合いに焼けていますね。

過去に和菓子屋さんだった経歴がある為か、まるで、どら焼の皮っぽく
見えるのがポイントです。お皿の上には、バター&シロップみたいな物。


特に気になるのが、この、シロップらしき物でしてね?

画像


        メイプルではないし、蜂蜜でもないし、ガムシロでもない!


ホットケーキに掛ける為に出て来てるのは間違いないんですが、しかし
味がサッパリ分からない! ガムシロ+蜂蜜までは何となく分かります。

だけど、それの他に何が入ってるのか、お母さんだって教えてくれない。

一応、和菓子の技術(レシピ)で作ったって言ってたので、水飴かしら?

              かなり粘度が高めの、不可思議な液体ですわ。


それから、正直、あんまり期待はしてなかった珈琲なんですが、

画像


     見た感じは、結構、悪くないのです。昭和っぽい洒落たグラス。


ガムシロ、クリームは、ピッチャーで出て来てますので、一応、お試しに
ガムシロの味見はしてみたんだけど。ホットケーキに付いていた液体の
味ではありませんな・・・・こっちは、普通のガムシロ。さっぱり不明だわ。


まあ、取り敢えずは、切り分けて食べてみますかね!

画像


        おお・・・・ナイフが、カリっ!と入って、もちっと止まります。


これは面白いね!カリ&もち!昨日に食べた「Smart coffee」さんのは
サク&ふわって感じだったけど、こんなに焼き加減&弾力は違うものか。

表面はタコス生地の様にパリパリで、内側はカステラの様にモチモチ!

側面から見たら空気穴が多いのは一目瞭然。ふわふわだけど、なのに
スカスカではないのが素晴しい。これは蒸し焼きのカステラ系生地かな。


それでは、いっただっきまーす♪ ・・・・モグモグ・・・・あ、うめえ!

画像


    そのままで、シッカリ味が付いている、壊赤好みのホットケーキ。


卵の味が強めで、甘みは更に強いですね? これって、ぶっちゃけた話、
ほぼ、カステラ味と言って良い気がしました。カステラとの違いと言えば
その食感ですかね。カステラ特有の、喉の水分が取られる感覚が無い。

ベッタリ感が無くて、シットリ感が強いから、マドレーヌに近いってところ。


ふむ・・・・しっかし、これ、美味しいなあ、そのままが旨いわ。

画像


       これに較べたら、昨日のホットケーキなんて、味が皆無だ!


最初は、カステラ味と思い込みましたが、流石に、それより薄めかなあ。

これなら、バターとか付ければ、更にウマいんじゃね? 期待が高まる!


ちょっと多めに塗ってみて、更に、側面にまで付けて、

画像


              モグモグ・・・・おう!たいして、ウマかねーなあ。


何でだろうね!? 甘い味が消えて、脂っぽさだけが残ってしまったよ!
全然、おいしくない。バター自体が、あんまり良いやつじゃないのかも?


それじゃあ、これに、例の味が分かんないシロップを掛けて、

画像


      食べてみれば・・・・ん? ちょっと、いや、かなり美味しい!?


バターが邪魔で味が分かり辛いけど、シロップがホットケーキの気泡に
染みた事で、かなり味が良い方向に増しています。イメージだけならば
ブランデーケーキとかに近いシットリ感になりますよ。或いは、サバラン。


今度は、バター無しで、たっぷりシロップを掛けてみれば、

画像


           うわ! これは、美味しいぞ! めっちゃ美味しいわ♪


詳細不明のシロップだけど、これは、タップリ掛けた方が美味しいかな。

こうなると、カステラみたいな味ってのは、やっぱり間違いですよねえ?
カステラだったら、甘いシロップとか掛けても、こうはならないですもん!


お試しに、たっぷり、シロップが染みた状態で、

画像


      バターを付けますが・・・・うーむ、やっぱ、バターは要らない!


そのまま食べるか?シロップを掛けるか? どっちが美味しいかと言うと
多分、シロップ掛けの方が美味しいですけど、さすがに飽きが来ますよ。

そのまま食べつつ、偶にシロップ掛けが美味しいけど、これで、小倉が
載ったら、どうなるんだろう。果たして餡子はシロップに合うのですかね。

            これは・・・・また次回に試してみたいところですわ。


というわけで、最後はアイス珈琲で締めますが、

画像


        まあ、これは・・・・多分、冷蔵庫で冷やしてあった物かな。


甘みが強めの、ホットケーキには合いそうな気がしたんですが、紅茶や
ソフトドリンクの方が良さ気ですね。甘みを殺さない飲物がオススメかと。


というわけで、ごちそうさまでした♪ 想像よりか美味しいホットケーキで
かなり満足です!カステラ風味ではあるけど、やっぱ、シロップが秀逸。

出来れば、ここには自転車で走って疲れた後に来て、食べてみたいね。


あ、ちなみに・・・・不二家さんでは、マッチが大量に置いてあって、

画像


         お母さんに尋ねたら、「どうぞどうぞ、持ってって!」って。


結構な数が作ってあるけど、欲しい人は兎も角、使う人が居ないとかで
一向に減らないのだとか。確かに経年劣化が目立つけど、勿体無いね。


これって、表面&裏面では、絵柄が僅かに違いまして、

画像


       片面には、おや? 「Coffee&Music」と、掛かれてますぞ?


これまた、お母さんに聞いてみたら! 確かに「音楽喫茶」で営業してた
時代があるそうで、これも、その名残りだそうな。そう言えば、店内には
レコード盤やプレイヤーがあったからね。それが、当時の証明なのです。


そんなわけで壊赤は、こちらのマッチは一つだけ頂戴しました。

画像


              次回の来店時に、また、もう一つ頂戴しましょう。


さて、それじゃあ、そろそろ良い時間なので、松山に向かおうと思うけど
お店のチェック忘れは無いかな? 本当に今治は喫茶店が多くて楽しい。

また、夏の後半には愛媛に来る予定なので・・・・その時まで、ですね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんとなく今治へ 〜黄金町 純喫茶 不二家 にて、ホットケーキ&アイスコーヒー〜 壊れた赤のハラペコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる