なんとなく大分へ ~夜行バスの、SORIN号に乗って、大分まで行って来ました♪~

一月の初旬は冬休み旅行の第二弾。献血の為に大分へ向かいます♪

               ちなみに、これは 1/6(金)の出来事でしたよ。

お金の無い貧乏旅行だから、大分までの道程は恒例、夜行バスでして
その名も「SORIN号」。大友宗麟(そうりん)に由来した名前だそうね?

道程は、京都駅出発の大分駅到着でして、お値段は 10000円弱程度。


京都駅の出発は PM 20:10と、ちょっと早めなんですが、

画像


             大分に向かうバスは、これしか無いから已む無し。


バスは「亀の井バス」か「近鉄バス」が共同運行だそうで、車両は日毎、
往復の関係で入れ替ります。壊赤は「亀の井バス」の日に乗車ですな。


設備は、三列で、トイレが合って、コンセントがあって、

画像


      カーテンがあって・・・・という、近年では基本っぽい仕様です。


基本って言ったって、4列の安いのに較べれば、遥かに高水準ですよ!

ただ、そういう安いのに較べたら遥かに良いけど、それより上ランクだと
「スーパー」じゃない車両な時点で、ちょっと頼りない感じは否めません。

     充分に標準的な夜行バスだとは思いますが・・・・贅沢かなぁ?


ちなみに大分への到着は AM 8:30でして、さすがに疲れた。

画像


        12時間は・・・・壊赤的には、ちょい厳しいのだと判明です。
              (ぶっちゃけ朝方、ちょっと気分が悪かったほど)


過日の熊本への旅で、同様に 12時間近い道程が、名古屋⇒熊本では
平気だったのになあ・・・・やっぱ、車両とか道とかの差なんですかねえ。


ちなみに、これまた帰りは同様の「SORIN号」なワケでして、

画像


      復路も同様に、亀の井バスさんだったんですが、車両は微妙。


名鉄さんが運営する「不知火号」に対する、産交バスみたいな感じです。

ワンランクって程でもありませんが、ちょっと落ちる・・・・そんな車両ね?
            (不知火号の場合は、ツーランクほど落ちたけどw)


しかし何にせよ!無事に行って帰って来れて、壊赤的には夜行の旅は
充分に満足です♪ いずれ、また、この「SORIN号」には乗る筈ですが。

     ・・・・まあ、一応、その時には運行会社さんは選びたいかなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年04月28日 08:40
そのバス亀の井バスじゃないよw
2020年04月28日 08:41
そのバス亀の井バスじゃないですよ
大分バスと大分交通もです

この記事へのトラックバック