壊れた赤のハラペコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 献血、82回目 〜神奈川県川崎市 【かわさきルフロン献血ルーム】 にて〜

<<   作成日時 : 2017/12/14 23:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

まだまだ続いていた過去日記! これは 10月下旬の出来事でしたよ♪

    正確に言えば、幕張がーでんの三週間後の 10/28(土)ですね。

「幕張がーでん」の興奮が冷めぬまま、ちょっとは時間に余裕が出来て
またまた都内へ遊びに来た壊赤! これにて最後の「池袋がーでん」で
遊んだ後は、先々週に続いて帰宅途中の神奈川県で成分献血ですな。

翌月は、茨城の大洗町で献血なので、その前の回数&ポイント稼ぎね。


やって来たのは、神奈川県では初めての献血となる川崎!

画像


      駅から歩いて数分の、「川崎ルフロン」の 9階のテナント扱い。


献血ルーム的には、こういった場所の方が人が集まり易くって、血液の
確保が容易だと聞いた事があるけど、それは間違いない事実ですよね。

        この日は夕方 4:00に近い到着でありながら、凄い混雑!


※ ちなみに、「かわさきルフロン献血ルーム」の開所は AM 10:00で
  これは、テナント側の都合に寄る物。それより早い時間には 9階に
  上がる事が出来ません。近年の献血ルーム「らしい」仕様ですね?


外は雨降りにも拘わらず、ハロウィン効果なのか、

画像


        入口正面の受付には、ちょっとした行列が出来てますぞ。


ちなみに壊赤は、当然ながら予約済み!神奈川でのポイント確保には
3日前までの web登録が効果的ね。前日 telでは、ちょっと損なのです。

少しだけ並んだら、そのまま受付&簡易問診。呼び出しまでは待機ね。


問診には時間が掛かりそうなので、今のうちに、荷物はロッカーへ。

画像


   入口スグ右側には、大量のダイヤル式ロッカーが用意されてます。


全体的に 「ルフロン献血ルーム」は非常に広めで、キャパシティ的には
神奈川においては最大規模。「横浜 leaf」の方が休憩所は広いですが
採血室や待機場所まで含めたら、此方の方が上になりそうな気がする。


入口から見て、右側奥は全てが休憩所の扱いで、

画像


     壁にはモニターが掛けられ、そちら方向に向けた椅子がズラリ。


モニターの横には本当に僅かですが、雑誌の類が並べられております。


さて、この椅子(=ソファー)が、ルフロンでは基本であり、メイン!

画像


      これが結構、良さ気な物でしてね? 座り心地は非常に ◎!


クッションまで用意されており、ソファーが苦手な壊赤ですが、これには
全然、余裕で座れます。腰の具合が丁度良い♪ ぶっちゃけ、欲しいよ。

これだけの規模のルームにしたら、ちょっと椅子は少なめの印象だけど
その分、別の場所での待機は可能。だけど逆に普通のテーブルだとか
椅子が無いのは惜しいですかね。要するに書き物とかが遣り辛いのだ。


一応、この、ソファーの背後(=受付の目の前)には、

画像


               平べったい、ソファークッションがあったりとか。


ちゃんと web接続が可能な、ノート PC席があったしますが、

画像


              これは、まぁ、あくまで一部の扱いですものね?


ぶっちゃけ混雑した場合、座る所が無いとまでは言いませんが、ちょい
手狭になりそうな気配はありますわ。藤沢に較べれば余裕ですけどね。


イベント利用が基本なんでしょうが、この採血室前の部屋は、

画像


        普通に利用可能にしちゃえば良いのになーとか思ったり。


あ、だけど、キッズルームと言いますか、キッズスペースなんかは、

画像


          ちゃんと用意されておりまして・・・・場所柄ですかね?


近年、壊赤が訪れた献血ルームでは、あまり見掛けないですが、

画像


      やっぱり、ある所にはある・・・・これは良い試みなんだよなあ。


そうしている内に、リストバンドの番号が呼ばれたので、

画像


             受付を挟んで、休憩所とは反対方向の問診室へ。


ルーム規模に合わせて二部屋が存在しますが、さすがに、この時間は
一部屋でのみ稼動。混雑する日には二部屋で稼動したりするのかも?

そして毎度の事ながら、この神奈川においては、血圧測定は問診医の
先生が手ずから実施する取決めがあります。これは、全国で初の献血
施設が神奈川県で出来た事に対する・・・・矜持みたいな物ですかね?

     セルフ測定が完全実施の都内とは、同じブロックでも、大違い。


そして・・・・問診が終われば外に出て、入口から見て左側の、

画像



     採血室に向かいます。途中にあるのは、イベントルームですね。


ルフロンの採血室は全国的に見ても、実は、かなり珍しい、

画像


     完全閉鎖型です。自動ドアじゃないので、無意味に開かない!


採血室 ⇔ 休憩所の出入口が開け放たれた「完全開放型」や、大体は
開いたままで、偶に閉じるだけの「部分開放型」が多い中、久々ですよ。

              これの方が、衛生的には良いのでしょうがねえ。


そして、採血室へ入って驚いたのは・・・・うわあ!

画像


   な、なんだ、これ!? ひ、広い・・・・採血室の中に、この空間!?


この広い空間が、採血室にあるなんて・・・・信じられますか?

画像


      これならば休憩室が多少は狭かろうと、問題にはなりません。
                (いや、休憩所は普通に広いのですがね?)


実際、この場ではドリンクが自由に飲めて、更に僅かではありますけど
読み物だって用意されています。下手な献血ルームの休憩所なぞより
遥かに快適な空間ですから、敢えて、此方で過ごすのだって ◎ですよ。

          むしろ、休憩所より静かなので、ゆっくり出来るかもね。


それでは、事前採血ですが・・・・結果は、無事、問題ナシ!

画像


         白血球の数、そして、比重だって問題ナシ!やったあ♪


最近は白血球の数よりも、比重に問題がある事が多い壊赤です。昔は
余裕だったんだけどなあ・・・・これって、年齢的な問題なのでしょうか?

           旅献血で、アウトになるのは・・・・避けたいものです。


さて、採血室から出るには、入口とは別の方向からでして、

画像


          つまり、ここの採血室は、出入口が別となった回廊型。


ナースステーション的な(↑)詰め所の横に向かえば、

画像


          こっちが出口になっています。無論、完全閉鎖型です。


それでは番号が呼ばれるまで、適当に飲物なぞ飲んで過ごしますか!


あ・・・・そう言えば、事前採血の後の事ですが、

画像


         何故か、ビスケットが貰えました。これは初めての経験。


お昼は無論、ちゃんと食べた(むしろ食べ過ぎた orz)と伝えましたけど
採血終了の時刻が遅いから、一応、どうぞとの事。そんな事あるんだ!

採血前に食べるのではなくって、採血後が不安なので食べておけとは。

             ・・・・まだまだ献血では、知らない事が多いなあ。


というわけで、文字制限の都合で、次回に続きます! ゆっくり休むぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
献血、82回目 〜神奈川県川崎市 【かわさきルフロン献血ルーム】 にて〜 壊れた赤のハラペコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる