なんとなく高松へ ~西の丸町 めりけんや 高松駅前店 にて、かけうどん(小)+観音寺 えび天~

なんとなく続いてる過去日記。これは十月上旬の旅日記ですね。

正確には 10/12(土)の出来事でした。

半年ぶり&今年2回目の四国旅ですが、今回は松山で遊んだ後
初めての香川県は高松市に向かいます。目的は勿論、献血です。
合わせて、噂の讃岐うどんを食べて、評判の喫茶店に寄る予定。

松山からは特急で3時間程度で、それなりの長旅になりますね。


この日は台風19号の直撃があったわけですが、

DSCN6913.JPG

高松の天気は特に問題ナシ。ちょっと曇り空かな?


特急に乗ってる際のアナウンスでは、瀬戸大橋が使えなくなる
可能性が示唆されてまして、帰宅する日が1日ズレていたなら
かなり危なかった気がします。そういう意味では助かりました。


さて、正午に高松駅に降り立った壊赤が目指したのは、

DSCN6907.JPG

高松駅から歩いて数分の「めりけんや」さん♪


高松には有名な饂飩屋さんが多いのですが、有名店になる程に
徒歩や公共機関で行けない様な、交通の便が悪い場所になって
壊赤みたいな旅行者には難度が高め。そういう所には行かない。

献血が目的な以上、献血に合わせて寄れる店が最良なのですよ。


店舗前には、メニューがズラりと並んでおりまして、

DSCN6908.JPG

うわ、安っ! 噂通り、一玉の値段は 210円と格安!


これなら朝食の第二弾のつもりで、うどん連戦が出来そうです。

献血の予約時間までは、結構、まだ間がありますので、余裕が
あれば更に別の店に行ったって良いですね。お財布にも優しい。


聞いた所では、香川の饂飩屋さんは、茹でや盛り付けまで、

DSCN6909.JPG

全てが完全にセルフの店と、半セルフの店があるそうで。


半セルフってのは、チェーン店の「丸亀正麺」みたいな感じで
要するに、マックやスタバみたいなもの。そんな難しくはない。

ただ、完全セルフの店ってのは、旅行者には度胸が要りますな。


ちなみに「めりけんや」さんは、半セルフ。小心者にも安心♪


列に並び、口頭で「かけうどん(小)」を注文して、

DSCN6914.JPG

トッピング的な揚げ物を買ったら、お会計をして着席。


うどん(小)+観音寺えび天の組み合わせで、お値段 340円♪
異様な安さに加えて(小)サイズとは言っても、一玉ですよ!

そりゃあ、他の店が駆逐されちゃうワケだよ。


観音寺えび天ってのは、所謂、海老のすり身の蒲鉾天で、

DSCN6916.JPG

練り物が好きな壊赤としては、見逃せない一品。


天かすは取り放題だったので、お皿に載せて貰っておきまして
頃合を見て流し入れます。最初から入れるのは、好みじゃない。


それでは、いっただっきまーす♪ モグモグ・・・・ふむ。

DSCN6918.JPG

本場の「いりこ出汁」って、こんな味なのか。


出汁の特徴としては、結構、薄めですね?塩分も控えめかな?

主張する特徴的な部分が弱いってのが、正直な感想。いりこが
鰹や昆布に較べて、弱いのは分かりますが、それにしてもねえ。

壊赤が好む宮崎うどんだって「いりこの出汁」の筈なんですが
アレは極端に甘かったからかな?こっちの出汁は今ひとつです。

何て言うか、押しが弱い!グッと来ないんですわ。


練り物えび天は、まあ、美味しいとは思いますが、

DSCN6931.JPG

そこまで、絶品!って程ではないかな?


味が弱めな気がするので、海老じゃない他の小魚系の「天」を
食べれば良かったかと、ちょっと後悔。期待のし過ぎでしたか。

・・・・好みだけで言えば、竹輪の方が美味。


ただ、揚げ玉を入れて、七味を振れば、かなり化けます!

DSCN6928.JPG

やはり、油が入ったら、味は格段に変化しますね。


ただ、それでも壊赤的には、ちょっと出汁が弱過ぎて、微妙ね。

福岡うどんの出汁も美味しかったし、宮崎うどんの出汁なんて
最強レベルだと思ってただけに、「いりこ出汁」への依存感が
薄れて来そうです。あの美味しさは、いりこじゃなかった!?


というわけで、ごちそうさまでした♪あ、ちなみに、うどんの
コシや味に関しては、確かに美味しいと思います。その点では
間違いナシですが、壊赤ってば、柔らかい方が好みなんですよ。

特に好きなのが、伊勢うどん!次いで、福岡・宮崎うどんかな。

それを覆す味に期待したけど、難しかったなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント